花粉症 2017

MENU

花粉症 2017

花粉症の対策は毎年新しく出てきています。
自分に合った解決法が見つけられるよう、さまざまな花粉症対策法を紹介しています。
今年、2017年の花粉症対策について紹介しています。

 

2017年は舌下免疫療法がさらに普及されるのではないか?と思われますね。
2014年には健康保険適用になりましたしね。
と言うか2015年度から始めた方も2016年、2017年と効果が期待されますね。

 

2017年は例年より花粉の悲惨が多いといいます。
昨年から舌下免疫療法を行ってた方は今年が最大のチャンスですね。
今年から始める方でも来年には効き目が現れてくると思いますので、諦めないでお医者さんに行ったほうがいいですよ(^^♪

 

・・・・・・・・・・・・

 

今年は、少し増え10%ほどの飛散量アップになるそうですね。
しっかりと対策はじめたいものですね。

 

・・・・・・・・・・・

 

花粉症 2014の予測では昨年よりも、飛散量が少ないそうです♪

 

ヽ(´ー`)ノ

 

・・・・・・・・・・・・

 

花粉症 2013の傾向ですが、東日本で、例年の3倍から7倍になると予想されています(;_;)。

 

当然、花粉症の季節には、仕事の効率が落ちると言われています。(通説では、3割程度)

 

シーズンに入る前にしっかり対策をとっておきたいものですね。

花粉症 2013 対策の目安

自分で対策をするのではなく、一度通院して、専門医に見てもらったほうが良い人。

 

@2013年に始めて花粉症の症状が出た人

 

このような方は、花粉によるアレルギーなのかどうか、調べてもらうことが大事。
でないと、対策を間違うこともあります(;_;)。

 

 

A市販薬に効果がない人

 

市販薬を買って、1週間〜2週間続けても、症状が緩和されない人。
花粉症の薬が合ってない可能性もあります(;_;)。

 

 

B花粉症の症状が重い人

 

市販薬で済むのは、症状が軽い人です。

 

花粉症の症状、くしゃみや鼻水・目のかゆみなど複合的に症状があるような重い方は、市販薬では難しいので、専門医に処方された薬がおすすめです。

 

花粉症のメカニズム

スタート:花粉が鼻とか目から体内に入る。

 

  ↓   ↓

 

第二段階:樹状細胞が花粉を体内に入り込んだ異物と認定、ただちにBリンパ球に抗体を作らせます。

 

第三段階:リンパ球が抗体を作って異物に対応します。

 

第四段階:リンパ球が作成した抗体は肥満細胞にくっつきます。くっつくと、肥満細胞からヒスタミン、ロイコトリエンなどの化学物質を生成、この化学物質が花粉症の症状(くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目のかゆみ)を引き起こします。

更新履歴